Jerry Drops

--- TAIWAN発 ☆ KOREA経由 ☆ 行き先未定 ---

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケンちゃんのWonderful SummerのレポをUPします。
私は8/19の公演を2回参加したのですが、どちらもほぼ変わりなしでした。MCもほぼ同じだったと思います。
なので、昼&夜混ぜて思いついたことだけを書いちゃいます。


【会場】
縦は全部で21列しかなく、横長の会場でした。
私の席は、昼の部がステージに向かって右端、夜の部がステージに向かって左端でした。
横に長い会場なので、端だと見にくいかなと思っていましたが、左右に動いてくれる構成になってました。
多分、照明を合図に右左に動いているのではないかと。。。ケンちゃんが右に歩いてきて右側で歌ったら観客席に照明があたり、ケンちゃんが左に歩いていくみたいな。。。気のせい?
ケンちゃんって左に寄る癖があるのかな?中央には立たずにちょっぴり左より。ステージに向かって右に座っていた方がよくケンちゃんが見えました。
双眼鏡で覗いていると、よく目が合うの 双眼鏡で見ていると、周りのファンが視界に入らないから、ケンちゃんが自分のためだけに歌ってくれていると錯覚しちゃいますよね。いや〜、惚れ惚れしちゃいました。

夜の部には、前のドラマの監督さんがいらしていました。
どのドラマでしょう?
ケンちゃんは将来、監督の道に進みたいと思っていて、この監督がいろいろ教えてくれ、これからも監督に付いていくと言ってました。


【衣装】
お着替えは1回。
小花のシャツ&グレーのズボン
この小花のシャツはどっかで見たことあるような・・・前も着てたよね?というものでした。自前?
この記事でお写真で確認できますよ〜↓
http://www.asahi.com/showbiz/pia/AUT201208210117.html
20120822Ken02.jpg
昼の部は、赤のデニムジャケット&白のスカルTシャツ&インディゴブルーのジーンズ
夜の部は、赤のデニムジャケット&インディゴブルーのジーンズは同じなのですが、インナーが黒Tシャツにキラキラのスカルが ケンちゃんっぽくなーーーーい。これは絶対に自前じゃないよね。
ジーンズは、ポッケに「ひ」が付いていたので、多分True Religionかな。
20120822Ken03.jpg
そして、Tシャツの下にはネックレスのチェーンがちらっと見えていたような。。。

そういえば、ケンちゃん無精髭がちょっとでてたと思います。

髪型は前半イケていたのに、昼の部では途中でステージ裏に引っ込んでしまったと思ったら、スタッフにこっちの方がいいと言われたと7:3分けになって出てきた時はビックリ。みんな「エー」って。そりゃあそうだ。
そして体系の方は、まだスッキリの状態をキープしていました。
ただ、ケンちゃんを左から見た方が痩せているように見えました(笑)なぜだろう?

さらに、夜の部はデカい扇子を持ってきて、パタパタとしてました。
やっぱり扇子が似合うね〜




【全体の流れ】
歌は全部で10曲。時間は1時間半ちょっとかな。
1曲歌ってその曲の思入れを話し、ゆったりとした進行でした。まるでBarで歌っているような感じ。
(ディナーショーに行けなかったので、ハッキリは分かりませんが、ディナーショーと同じようなスタイルだったのではないかなと)
10曲と聞くと物足りないような気がしますが、私や友達は不満はありませんでした。満足かと言われると、、、うーんというところもありますが
ケンちゃんらしいというか、ユッタリとマッタリとした感じが それはそれで良かったかなと。

ファンミっぽいところもあり、4人のファンにプレゼントがありました。
もちろんサイン付きです!しかも、ファンの名前入り。(これに15分〜20分はかかっていたかな?)
ケンちゃんが撮った写真。(昼の部は東京の写真。夜の部は小樽の写真。)
写真展で飾ったやつなので額縁に入ってました。輸送の時に傷ついてしまったそうで、額縁にちょっと傷ができてました。
↓昼の部で当たった方にプレゼントしていた東京の写真。お友達が当選者の方に写真取らせてもらっていたのでお借りしてきました。
20120822Ken01.jpg
ケンちゃんの陶芸作品2点(お椀型と小ぶりお皿型?)
今回のコンサートのために作ってくれたそうです。準備期間がないわりには、余裕があったのね これが一番人気でした。
コンサートのパンフレット
ケンちゃんが用意した3つじゃ物足りないとスタッフがパンフレットもと4つ目が用意されたそうです。
ファンの好きなページにサインしてあげてました。

ファンに名前やどこから来たのか聞いている時は、ケンちゃんはファンの顔をきちんと見ていて素敵あんな風に見られちゃったら、あがっちゃうよね〜。
お昼の部では、ステージに上がったファンが震えちゃっていたのですが、ケンちゃんは「落ち着いて」「大丈夫だよ」と声かけてあげ、自分もその気持ちが分かると言ってました。
そしてプレゼントの後は、握手とハグ
昼の最初の人はハグまでされると分かってないので、ケンちゃんが握手したままグイッと引き寄せてハグしていて、めちゃめちゃ羨ましかったです。




【ケンちゃんの体調】
ケンちゃんは日本に来る前日まで中国でドラマ撮影していたため、今回はかなりお疲れな状態らしく、「疲れてる」と最初に断わりを入れていました。
ステージには、喉スプレー&栄養ドリンク&お茶や水の飲み物をいくつか常備していました。
1曲歌い終わると、喉スプレーでシュッシュとやってましたが、そのあと飲み物をすぐ飲んでいたので、折角シュッシュとしても流れちゃうのでは?と気になっちゃいました


【歌の調子】
疲れもあるし、準備期間が短かったようで、歌声は全然出てないような気がしました。
1曲目から、私の中では「あれ?歌声にいつもののびが足りないなぁ」と。。。
もしかしたら会場の音響が悪いのかな?
(会議場に簡単に作られたようなステージだったから、国際フォーラムやJCBホールよりは劣るのではないかなと)
でも、ケンちゃんのいつもの手を広げて上半身を揺らす歌い方が見れて、とっても幸せ
昼の部より夜の部の方が、のびのびとしていて明るい曲の時は楽しそうに、しっとりの時は感情を込めて歌っているようにも聞こえました。



【MCは・・・】
全部中国語。
曲の合間に通訳さんがステージ横に出てきて、訳してくれていました。
わたし的にはケンちゃんの英語が聞きたかったな〜。
(昔は、中国語&英語&日本語の3ヶ国語でMCしていたこともあったっけ)



【心に残った言葉】
「世界は混乱していて、お互いをお互いを間違いだと言ってしまうけど、お互いに自分自身を反省してない。
地球は一つだから、それを大事にしないといけない。
これは私たちの生活も同じで、家族や友達や恋人と喧嘩した時には、自分自身が間違っているのではないかと考え直して欲しい。彼らはみんなにとって唯一の存在なのだから。簡単にお互いの縁は切れてしまうよ」
という感じのことを言ってました。
まったくその通りだと思いました!
「That's why you go away」を歌う前にこの話をしてくれたので、歌詞がとても心に染みました。せつなーーい。


【ファンへのメッセージ】
何度も「Have safe trip to home」とファンに言っていました。優しいね。
そして、最後には 「I'll see you SOON!」と。SOONを強調していましたよ~~



【セットリストとケンちゃんの曲へのの思い】
今回のテーマは、小さい時から大人になるまでに触れた曲なのだそう。なので、持ち歌は1曲もありませんでした。
毎回ケンちゃんが選曲するのは、同じ世代だからか 大体知っている曲なので助かります。
ケンちゃんが曲の思い入れを話してくれたりしたのですが、後で歌詞を見てみると、歌詞の内容に掛けて話してくれていたのですね。曲を理解しやすくていいですね
Over the rainbow (映画「オズの魔法使い」)
ケンちゃんは小さい頃 映画「オズの魔法使い」が好きだったそう。
音楽が人に楽しいと思わせることができると感じた曲で、この曲で音楽の魅力に取り付かれたと言っていたような。。。

Killing me softly with his song (ロバータ・フラック)
小さい頃に、木箱のラジオから流れてきた曲だそうです。
木箱から流れてくるのが不思議でラジオを解体して壊してしまったとか(ケンちゃんって私と時代が同じなのに、木箱のラジオって・・・と思っちゃいました。)


More than words (Extreme)
ケンちゃんが初めてバンド組んだ時に、初めて披露した曲らしいです
高音が出し難いと言ってたけど、確かに高音が出てなくて友達と首を傾げちゃう部分もありました〜


True colors (シンディー・ローパー)
ファンのみんなに捧げる曲。
自分はあんまり性格が良くないかなと。このことを認めるのに大きな勇気が必要だった。
けど、みんながありのままでいさせてくれ、本来の姿を支えてくれているから感謝していると。
歌詞の内容にケンちゃんの説明が出てくるのですね。
「I'll see your true colors
 Shining through
 I see your true colors
 And that's why I love you
 So don't be afraid to let them show
 Your true colors
 True colors are beautiful,
 Like a rainbow」
ファン数は減ってしまったかもしれないけど、会場に来ていたファンはケンちゃんのTrue colorsが見えている真のファンに違いないですね!いつまでもケンちゃんがコンサすると言ったら駆けつけるでしょう

Now and Forever (Richard Marx)
初恋の曲
16歳になる2日前に彼女ができたが、彼女とは2週間しか続かなかったそう。
この曲好きなのでけんちゃんがセクシーに歌ってくれて嬉しかったです
ちなみに、「永遠は絶対に存在していて、今のこの時間がその永遠だと」と言って歌ってました。うまいのぉ〜

Bizarre love triangle (New Order)
初デートで観た映画の曲だそうです
『リアリティ・バイツ』って言ってたたけど、この曲流れたかな??
私もあの映画好きで一人で観に行ってましたケンちゃんはデートだというのに・・・
そういえば、1stコンサートでも『リアリティ・バイツ』の曲「Stay」を歌ってましたよね。
よっぽどこの映画に思い出があるのかな?


While my guitar gently weeps (ビートルズ)
ビートルズの曲。ジョージ・ハリスンが作った曲。
彼は、ケンちゃんのF4の立ち位置と似ていると思うのだそう。目立つわけではないけど、ケンちゃんにしか持ってないものがあるって。

I don't wanna talk about it (Crazy Horse )
ケンちゃんが悲しいときに聞く曲だそうです。
ちょっとウルウルしてた?

That's why (you go away)  (Michael Learns To Rock)
上でも書いた私にとって心に残る言葉で説明してくれました。
歌詞に
「I won't forget the way you're kissing
 The feeling's so strong were lasting for so long
 But I'm not the man your heart is missing
 That's why you go away I know
 You were never satisfied no matter how I tried
 Now you wanna say goodbye to me
 Love is one big illusion I should try to forget
 but there is something left in my head 」
とあるのですが、感動してしまいました。

And I love you so (Don Mclean)
やさしい曲でした。
ケンちゃんの歌い方が、またすっごく心地良かったです。




今回大阪も含め3回も参加しているファンも結構いて、日本以外からも来ているファンもいて、みんなに支えられていると感じたようで(感動して涙ぐんだようにも見えました)、「また日本でコンサートを開きたい」と言ってくれてました。
待ちましょう〜!!
私自身 次のステップに行かなければならないことがあって、ケンちゃんに会える最後になるだろうと思って参加したコンサートでしたが、ケンちゃんが日本でコンサートを続けてくれる限り、また、またいつかきっとケンちゃんのコンサートに参加できるかも希望が見えました。
またケンちゃんに会える日がくると信じて・・・

スポンサーサイト
テーマ:華流・台流 - ジャンル:アイドル・芸能
True colors~
おぉーシンディの声でも印象的な局ですが、フィル・コリンズの声でも頭に残ってるわぁー
ケンちゃんの声で歌っても素敵な曲でしょうね。聞いてみたかったですわ。
10曲といえば少ない印象はあるけれど、それはそれでケンちゃんのペースっぽく感じますね。
それでも満足させる彼は素晴らしいわ☆
Madyさんのレポでも彼の温かみを感じさせるライブだったのが分かります。

確かに迷は減ってるだろうけれど、日本でコンサートを開けるくらいの迷はKeepしてほしいなぁ(苦笑)。
これからも彼のペースでのお仕事になるでしょうから、のんびり構える迷で私はいますわ。
「I'll see you SOON!」という言葉を信じて次回を待ちたいと思います。
2012/08/22(水) 11:07:52 | |ゆみ #-[ 編集]
ゆみさん
> ケンちゃんの声で歌っても素敵な曲でしょうね。聞いてみたかったですわ。
良かったですよ〜。
落ちついた歌声がたまらなく心地よいですね。

> 10曲といえば少ない印象はあるけれど、それはそれでケンちゃんのペースっぽく感じますね。
そうそう、そうなのですs。
最初、10曲と聞いたときは少なすぎじゃない?とショックでしたが、
実際に聞いてみると、悪くはなかったかなと。

> それでも満足させる彼は素晴らしいわ☆
落ち着いたゆっくりとしたしゃべり方が、諭されているかのような感じで
それがまたケンちゃんっぽくて良かったです。

> Madyさんのレポでも彼の温かみを感じさせるライブだったのが分かります。
そうそう、温かかったです。

> 確かに迷は減ってるだろうけれど、日本でコンサートを開けるくらいの迷はKeepしてほしいなぁ(苦笑)。
ですね。
多分、ケンちゃんも日本にファンが待っているということは感じてくれたような気がします。
昼の部は、「みんな集まってくれて申し訳ない」という気持ちが強かったようにみえますが、
夜の部は、「みんな集まってくれるならまたやろう」という気持ちに変わっていたように見えました。(あ、私の主観です)

> これからも彼のペースでのお仕事になるでしょうから、のんびり構える迷で私はいますわ。
そういう迷がいる限り、きっと彼ならやってくれると信じてます。

> 「I'll see you SOON!」という言葉を信じて次回を待ちたいと思います。
待ちましょう〜!
有言実行する男ですから。
2012/08/24(金) 21:43:23 | |mady #dnIqjhsg[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://jerrydrops.blog100.fc2.com/tb.php/2942-c64a69f2
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。